ブログ

2022-06-24 17:38:00

⓪オンラインスクール作りのための講座 ~開講前「個別コンサルティングで自分の棚卸」

 

これまでリアルで開催してきたこと、何度もレクチャーしてきたことを

オリジナルコンテンツとして「オンラインスクール」を作成するお手伝いをしています! 

 

この講座は半年間にわたる、かな~り濃厚な内容となっていて

おそらく、初めてのことばかりで大変ではありますが、

 

「やる!!!」と決めた方には、とっても充実感のあるカリキュラムです。

 

色んな意味でビジネスの視野が広がりますよ。

 

今日から7回に分けて、どんな風にすすんでいくのかをご紹介します♪

 

 

 
 

まずは、お申込後すぐからスタートします。開講の初回レッスンまでの期間に、オンラインスクール作りのために、まずは自分自身について熟考していただきます。

 

開講前

  • ワークシートで自分の棚卸
  • 個人コンサルティング60分
  • 事前準備動画レッスン

 

 

 

ファーストステップは、

 

申込直後~初回までの間に

自分自身の棚卸をすることです。

 

  • 自分が出来ることは何か
  • 何をコンテンツにするのか
  • 誰に喜んでもらうものを作るのか
  • ビジネス全体としてどの位置づけか

などを、ワークシートを使い整理していただきます。

 

 

さらに、開講前の棚卸に、

私の個人コンサルティングが60分(1回目)が付いています。

 

この単発コンサルだけでも、通常18,000円/回なので

とってもお得だと思っています^^

 

 

 

「オンラインスクール作り」の講座だけあって

この講座も半分は収録動画です。

 

具体的には、

  • 毎月のテーマに沿った動画
  • 月1回のライブ講座
  • フォローday(月1)
  • メンバー専用グループでいつでも質問し放題
  • 個人コンサルティング(合計3回)

という体制です。

 

 

つまり、収録動画を見る時間を作らなければいけません。

 

そして

やり方はレクチャーしますが

学んだことを、

行動することが必要

これ、必須です。

 

 

 

当たり前ですが

知識を身につけるだけじゃ

完成しないのです…!

 

自分のオンラインスクール自体を作るには

自分で収録したり、編集したりしなきゃいけないですよね。

 

もちろん、私が代わりに作成をお手伝いすることも出来ます。

 

でもね、

 

やっぱり、自分で作成して

自分であれこれ出来るようになったほうが

 

長い目で見てコスト的にも良いし、

自分のスクールに責任と愛着を持てますし

何より上手に喋れるようになります!!

 

 

もちろん、やってみて分からないことは

何度でも質問しまくっていただけますよ♪

 

私も、いつでも、どこにいてもすぐにお答えするよう、期間中は万全の体制です。

 

 

そんな、「やりきる」体験もしていただけるオンラインスクール作りのための講座、

ただいまのメンバーは後半に差し掛かるところ。

 

次回の開講は9月です。

 

興味がある方は、「無料レッスン」で、

オンラインスクールについての知識を受け取ってくださいね。

登録の方に優先案内もしています。

 

2022-06-03 13:16:00

公式LINEの「リッチメッセージ」作り方と設定方法

ちょっとした工夫をするだけで

反応率がアップするんですよ!!

 

 

受け取る情報の8割は視覚ともいわれています。

 

例えば、

 

文字だけの配信と、写真がある配信。

どこに、目がいきますか?

 

 

 

きっと、おそらくほどんどの方が、画像ですよね。

 

 

特に、INEだと、絵文字は使えますが

文字の色を変えることもできないので、

 

興味があって登録したお店や起業さんのLINEも、

届いた内容が、文字、文章ばっかりだと・・・・

 

既読スルー

しちゃいます…。

 

 

公式LINEを活用されていたら

ここから、

反応数をチェックすることができるので

 

 

文字だけの場合と

画像を入れた場合。

 

画像でもどのパターンが反応良いか?

などなど試して、分析してみるといいですよ!

 

 

でも、

そもそも

リッチメッセージって

なんやのーー?

 

どうやって作るのーー??

という方も多いので

動画でまとめました。

 

めっちゃ簡単にできますよ!!

ぜひチャレンジを♪

 

 

 

 

 

 名称未設定 (1040 × 1040 px)のコピー (1040 × 300 px).png

2022-05-31 13:14:00

公式LINEをブログに案内してみたけど、一向に申し込みされないんです…という時は

 

 

お申込み用で公式LINEを使っているんですが、なかなか問い合わせされないんです。何かできることありますか?

 

と、ご質問をいただいたので、

私なりの回答をしたいと思います。

 

 

私の話なのですが以前、

「あ、これ行きたいな~」と思った講座があったんですね。

 

 

SNSで見つけて、興味を持ったので

日程を確認しようと思ったんですが、

 

まず、日程記載している箇所が

見つからなかった

のです。

 

ネット検索も、デジタル操作も

結構得意な私ですが、

 

いくら探しても出てこない・・・・悲しい

 

 

仕方がないので

問い合わせてみようと思ったら

 

これまた

問い合わせ先のアドレスが書いてあるだけだったのです。

 

え?!

フォームとかないの?!

電話もないし・・・。
 

 

仕方がないので

 

わざわざアドレスをコピペして、

問い合わせ内容も分かりやすくまとめ、

連絡先も記載し、送ったのです。

 

 

 

しかし。

 

何日待っても返事がない・・・・・・・

 

もう、行くわけないですよね(笑)

 

 

さて。

 

これ、申込者の立場での話ですが

あなたもこの主催者さんと

同じことをしている可能性大なのですよ!

 

 

メールアドレス書いているから

連絡してくれるだろう~

 

なんて考えていたら

大間違いです!!!

 

不親切にもほどがあります!!!


 

ということで、ぜひ

以下をチェックしてみてくださいね♡
 

①そもそも、どこが問い合わせ先なのか。申込するときはどこからなのか?わかりやすくなってる?

  • 申込と問い合わせ用はわけましょう
  • どのページからも見つけれるようにしましょう


②それぞれの記入するべき内容が何か、記載している?

  • 問い合わせなら、お名前、メールアドレス、お客様記入欄は必須ですね
  • 申込なら、それ以外に必要な項目がありますがなるべく少なく最低限に
     

③自動返信ですぐにメールが届くように設定している?自分のところに通知が来るようにできてる?

  • お客様を不安にさせないよう、すぐに返信できるようなシステムを活用しましょう
  • その後あなたが直接連絡できるように、管理しましょう

 

 

つまりですよ!!

 

 

公式LINEを掲載して

「お申込みはこちらから」

だけを書いても

 

ハードルが超高いし

不親切すぎるので

 

かなり慣れている人、かつ、

どーーーーしても申し込みたい人以外は

わざわざ、LINEのチャットから連絡してくないのです。

 

 

 

お客様に手間をかけず

安心感を与えることが大事です。

 

 

今すぐ、無料フォームなどを活用して作ってくださいね。

 

 名称未設定 (1040 × 1040 px)のコピー (1040 × 300 px).png

 

2022-05-28 09:24:00

Canva(キャンバ)の「プレゼン」を使った、リンクツリー(Linktree)作成で、印象に残そう♪

 

リンクツリーに興味がある方が多いようなので、新たな活用方法をシェアしますね!

 

リンクツリーとは名の通り

リンクを木のように束ねたもの。


 

ですが、

そもそもの目的としては、

 

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSの投稿から

興味を持った人がプロフィールにいき、

さらに興味を持った人が

プロフィールにあるリンクをクリックして

より詳しく知ってもらう。

 

ためのものなので、

 

興味を持ってくれた人が

一番知りたいことを掲載する!!

というのが基本。

 

 

どれを見たらいいの!?

よくわからない!!!!

 

というリンクツリーは、不親切ですよ~。

 

で、リンクツリーの代わりに

オウンドやペライチも使えるのですが

 

今日はCanva(キャンバ)を使って作成してみましょー!
 

 

①トップページより「プレゼン」を選択

 

いろんなサイズ、テンプレートがありますので、

お好みのもの(活動されている内容にあうもの)を選んで作ると簡単ですよ。

 

 

②ページを作成する

 

掲載したいことを、複数ページで作成しましょう。

リンクマークをクリックすれば、リンクも付けることができます。

 

 

③リンク共有のリンクをURLに張り付け

 

長いURLが発行されるので「コピー」し貼り付けるだけです。

 

 

実際に作成したページ、こんな感じです♪

 

 

 

まだ、このような感じでCanvaをリンクツリー代わりにしている方は少ないので、

印象にのこりやすいかなと思います。

ぜひ、差別化に活用してみてくださいね♪

 

2022-05-26 13:48:00

リンクツリー(Linktree)を、Canvaの「バイオリンク」で作ってみた♪

リンクツリーに関する質問をいただいたので

今日は、動画でまとめましたよ!

 

 

 

インスタやフェイスブックなど、SNSには

リンク(URL)を貼れるところがありますが、

活用されていますか?

 

 

特に、インスタは1つしか付けれないので

ブログや「リンクツリー」を付けてる方をよく見かけますね。

 

 

リンクツリーとはその名の通り、

リンク(URL)を木のようにまとめてくれる、無料サービスです。

 

でもね、リンクツリー登録するとき

英語表記でちょっとわかりにくいので・・・

 

私は、サロン用のリンクまとめを

オウンドさんで作成していました。

 

リンクツリーも、オウンドと似た感じです。

 

こんな感じでボタンが表示されて、

クリックしたらそれぞれに飛ぶようにできるようになります。

 

 

だから、

インスタのURL=ブログ 

ではなく

 

インスタのURL=リンクツリー(orオウンド)

とすることで、

 

・ブログ

・フェイスブック

・Twitter

・YouTube

・・

などなど複数のリンクを案内できちゃうんです♪

 

ちなみに、

オウンドとリンクツリーの違いは

 

オウンド(HPなので、写真など入れたり、複数ページ作れる

リンクツリー(URLのボタンのみ1Pのみ

といった感じです。

 

操作性としては

リンクツリーのほうが、手軽&簡単です♪

 

どちらも無料なので、

知らなかった!!という方は

活用してみるといいかもしれませんね。

 

 

リンクツリーをかわいくカスタマイズしようと思ったら

有料になってしまう・・・

そもそもオウンドの操作が難しい・・・

 

そんな方のために!

 

Canvaのバイオリンクのテンプレートを活用すれば、

かんたんにオシャレな、リンクツリーができちゃいます♪

 

ぜひチャレンジ!!

 

 

①まずは、Canvaを開いて検索窓で「バイオリンク」と入力

たくさんでてくるので、好きなテンプレートを選びましょう。

②作成をする(最後の動画にて)

 

③公開してリンクを取得する

取得したURLをクリックすれば、作成したページに飛びます♪

 

動画にて解説していますので、

チャレンジしてみてくださいねー!