ブログ

2022-08-19 07:08:00

Canvaの便利機能「コンテンツプランナー」活用してみた

Canvaコンテンツプランナー

ご存じですか?

Canvaサイトはこちら

 

使い方は簡単。

 

①コンテンツプランナーをクリックして、投稿予約したい日時をクリック。

②あらかじめCanvaで作成しておいた画像などを選択して、どのSNSで予約するかを選びます。

いっぱいありますよ。

Facebookページ&グループ、Slack、Twitter、Pinterest、Instagramビジネス、Linkdinプロフィール&ページ

 

今回はTwitterでやってみました~。

 

③確認する

 

1分後の設定にして

確認してみたら・・・・・

おおおーーー!

ちゃんと投稿されてる!!

 

これはめっちゃ便利ではないですか!!!

スケジューリング一覧がパッと見れるのも嬉しいですね。

 

しばらく、活用して実体験してみたいと思います^^

 

 

人気お役立ち記事

 

2022-08-17 07:05:00

パソコン苦手さんも、Canva活用でパワーポイント(PowerPoint)をかんたん素敵に作成!

資料を作るとき‥

パワーポイント(略してパワポ)、

めっちゃ便利ですよ~♪

と話すと、

「パワーポイント…なんですか??」

「知ってるんですがハードルが高い…」

とおっしゃる方が多いんですよね。

 

 

確かに、パワポ、機能がたくさんあるけど

操作する部分が多いからややこしいかもな~。

 

そんな時は

やっぱり・・・・Canvaを活用しちゃいましょう!!

(↑からCanva登録したら特典受け取れるそうです♪)

 

では行きますよ~♪

 

①プレゼンテーション作成を選択

好きなテンプレートを選んで作成スタート♪

完成させましょう。

 

②・・・よりMicrosoftPowerPointを選択

選択したら「ダウンロード」が出てくるので、そこをクリックするだけです♪

 

PCにパワポが入っていなければ開くことはできませんが…

作成したものがそのままパワポになりましたー♪

たまに、文字化けしていたり、サイズが変わったりしていることもあるので

全体をチェックしてから使いましょう~。

 

 

③パワポを活用!

 

ちなみに・・・

ZOOMで画面共有をする際に、

 

バーチャル背景としてのパワポを選択すれば、

こんな感じで自分が切り抜かれて表示されます♪

 

オンライン会議で資料を見せる時にもいいですし、

録画するときにも使えますよー!

 

 

以前、Canvaでそのまま収録できますよ~を書きましたが、

 

 

30分くらいの長い動画を撮影したら

アップロードエラーになって

消えてしまったことが

何度も続きましたーーーー涙

 

ショック・・・・。

 

10分くらいの動画なら問題なかったのですが、

長めの動画なので‥‥悲しすぎました。

 

ということで、

 

長い時間の動画撮影の時は

パワポに変換+ZOOM録画が便利ですよ♪

 

 

パワポを作りたい方、

ぜひCanva活用、してみてくださいね!

 

 

 

人気お役立ち記事

 

2022-08-15 07:03:00

Canvaの「自分を録画」機能で、動画をサクっと作成できます!

ご存じですか?

Canvaでも録画ができるー♪

 

動画を作成したいけど、ZOOMだと編集とかもよくわからないし…という方は

Canvaの録画機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

まずは、Canvaに登録し、

動画→アップロードの画面へ行きましょう。

(↑からCanva登録したら特典受け取れるそうです♪)

 

 

すると、「自分を録画する」というところがあります。


ここをクリックしたら、

自動的に録画がはじまって、

終了したら、勝手に保存されます!

 

隣のキャンバスで編集も可能。

文字や写真、画像、音楽なども入れれますよ。

編集が終わったら、ダウンロードをクリックしましょう。

 

MP4の形式で保存すれば、

YouTubeやVimeoなどにアップロードできます。


 

お試し録画したのはこちら

※声がでます

 

 

右上の…から、リンクを共有をクリックすれば、

なんと、この動画専用の、アドレスをもらえます!!

長いですがこんな感じですね。

https://www.canva.com/design/DAEiQV77geg/ZO4QLf-xIYVBaQhky1A7Mw/watch?utm_content=DAEiQV77geg&utm_campaign=designshare&utm_medium=link&utm_source=publishsharelink

 

このリンクを送れば、

誰でも見れるんですよ~♪

 

ちなみにアメブロに張り付けたらこんな風にもなりますよ。

 

※声と音がでます

 

 

YouTubeやVimeoにアップロードするのはちょっと面倒~という方は

この機能を活用してみてもいいかもしれませんね。

 

 

人気お役立ち記事

 

2022-05-28 09:24:00

Canva(キャンバ)の「プレゼン」を使った、リンクツリー(Linktree)作成で、印象に残そう♪

 

リンクツリーに興味がある方が多いようなので、新たな活用方法をシェアしますね!

 

リンクツリーとは名の通り

リンクを木のように束ねたもの。


 

ですが、

そもそもの目的としては、

 

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSの投稿から

興味を持った人がプロフィールにいき、

さらに興味を持った人が

プロフィールにあるリンクをクリックして

より詳しく知ってもらう。

 

ためのものなので、

 

興味を持ってくれた人が

一番知りたいことを掲載する!!

というのが基本。

 

 

どれを見たらいいの!?

よくわからない!!!!

 

というリンクツリーは、不親切ですよ~。

 

で、リンクツリーの代わりに

オウンドやペライチも使えるのですが

 

今日はCanva(キャンバ)を使って作成してみましょー!
 

 

①トップページより「プレゼン」を選択

 

いろんなサイズ、テンプレートがありますので、

お好みのもの(活動されている内容にあうもの)を選んで作ると簡単ですよ。

 

 

②ページを作成する

 

掲載したいことを、複数ページで作成しましょう。

リンクマークをクリックすれば、リンクも付けることができます。

 

 

③リンク共有のリンクをURLに張り付け

 

長いURLが発行されるので「コピー」し貼り付けるだけです。

 

 

実際に作成したページ、こんな感じです♪

 

 

 

まだ、このような感じでCanvaをリンクツリー代わりにしている方は少ないので、

印象にのこりやすいかなと思います。

ぜひ、差別化に活用してみてくださいね♪

 

2022-05-26 13:48:00

リンクツリー(Linktree)を、Canvaの「バイオリンク」で作ってみた♪

リンクツリーに関する質問をいただいたので

今日は、動画でまとめましたよ!

 

 

 

インスタやフェイスブックなど、SNSには

リンク(URL)を貼れるところがありますが、

活用されていますか?

 

 

特に、インスタは1つしか付けれないので

ブログや「リンクツリー」を付けてる方をよく見かけますね。

 

 

リンクツリーとはその名の通り、

リンク(URL)を木のようにまとめてくれる、無料サービスです。

 

でもね、リンクツリー登録するとき

英語表記でちょっとわかりにくいので・・・

 

私は、サロン用のリンクまとめを

オウンドさんで作成していました。

 

リンクツリーも、オウンドと似た感じです。

 

こんな感じでボタンが表示されて、

クリックしたらそれぞれに飛ぶようにできるようになります。

 

 

だから、

インスタのURL=ブログ 

ではなく

 

インスタのURL=リンクツリー(orオウンド)

とすることで、

 

・ブログ

・フェイスブック

・Twitter

・YouTube

・・

などなど複数のリンクを案内できちゃうんです♪

 

ちなみに、

オウンドとリンクツリーの違いは

 

オウンド(HPなので、写真など入れたり、複数ページ作れる

リンクツリー(URLのボタンのみ1Pのみ

といった感じです。

 

操作性としては

リンクツリーのほうが、手軽&簡単です♪

 

どちらも無料なので、

知らなかった!!という方は

活用してみるといいかもしれませんね。

 

 

リンクツリーをかわいくカスタマイズしようと思ったら

有料になってしまう・・・

そもそもオウンドの操作が難しい・・・

 

そんな方のために!

 

Canvaのバイオリンクのテンプレートを活用すれば、

かんたんにオシャレな、リンクツリーができちゃいます♪

 

ぜひチャレンジ!!

 

 

①まずは、Canvaを開いて検索窓で「バイオリンク」と入力

たくさんでてくるので、好きなテンプレートを選びましょう。

②作成をする(最後の動画にて)

 

③公開してリンクを取得する

取得したURLをクリックすれば、作成したページに飛びます♪

 

動画にて解説していますので、

チャレンジしてみてくださいねー!